キャスト・スタッフ

1995年2月3日生まれ 2005年スーパー・ヒロイン・オーディション・MISS PHOENIXにて、応募者37,789名の中から審査員特別賞を受賞。2008年の映画『トウキョウソナタ』(黒沢清監督)で映画デビュー。 その後、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(10)、NHK連続ドラマ小説「おひさま」(11)や、映画『釣りキチ三平』(09/滝田洋二郎監督)、『日輪の遺産』(11/佐々部清監督)の出演。順調にキャリアを重ね、本作でついに映画初主演を果たした。2013年には自身が出演した人気ドラマの映画版『鈴木先生』(河合勇人監督)の公開が控えている。
土屋太鳳オフィシャルブログ
1995年8月20日生まれ。静岡県出身。映画出演は『天まであがれ!』(06/横山一洋監督)に続き2作品目にして、約300名が参加したオーディションで瀬木直貴監督に“耕介を見つけた”と言わしめ、守屋耕助役に大抜擢された期待の新人。

地元浜松ではボーイズユニットWrapとして活動しており、ダンスに歌と多彩な才能を発揮している。

石川湖太朗オフィシャルブログ
1991年11月3日生まれ。
映画・TV・舞台と幅広く活躍し、今後が期待される新人女優。演劇ユニット「Rudy Girl」としても活動している。主な作品は、ドラマ「マジすか学園2」(11/TX)、土曜ワイド劇場「温泉?大作戦!PARTⅡ」(12/ABC)、舞台「港埼遊郭」(12)、「Dream」(12)等。
映画『非金属の夜』(中田圭監督)が2013年公開予定。
木下かれんオフィシャルサイト

木下かれんオフィシャルブログ

1992年11月17日生まれ。
静岡県出身。2005年の映画『ルート225』(中村義洋監督)で準主役に抜擢され、映画デビュー。その後も時代劇から現代劇まで数多くの舞台やイベント、TV、CMに出演。本作のオーディションで、多くの応募者の中から見事松本聰役を射止めた。
1969年2月15日生まれ。大阪府出身。
学生時代より数多くの舞台に立ち、活躍。その後、TV・映画と活躍の場を広げ、EX「ナサケの女」(10)、WOWOW『下町ロケット』(11)、NHK「負けて、勝つ~戦後を創った男・吉田茂」(12,
9/8~)、映画『隠し剣 鬼の爪』(04/山田洋二監督)、『劔岳-点の記-』(09/木村大作監督、)『死刑台のエレベーター』(10/緒方明監督)などに出演。役によってガラリとイメージが変わる性格俳優。
2011年より総合アーティストとして活動を始め、絵画・神楽舞と表現の膨張を続けている。
1935年3月3日生まれ。群馬県出身。1954年に東映ニューフェイス第1期生として、映画『二挺拳銃の竜』でデビュー。その後、劇団民藝に入団。1971年に退団するまで活躍した。昼のワイドショー番組『アフタヌーンショー』の司会者としても広く知られている。主な出演作にドラマ「私は貝になりたい」(58/TBS)、「3年B組金八先生」(79-80/TBS)、映画『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』(74/山田洋二監督)、『手紙』(06/生野慈朗)などがある。
1978年1月21日生まれ。東京都出身。TVドラマを始め、数多くのCM、映画、舞台に出演。女優業の他に2007年に短篇小説「色鉛筆専門店」を発表し、作家としても活動している。主な出演作は「八日目の蝉」(10/NHK)、「ラッキーセブン」(12/CX)、映画『恋愛寫眞』(03/堤幸彦監督)、『裁判長!ここは懲役四年でどうですか』(10/豊島圭介監督)等。著書に長編小説「しょーとほーぷ」(08)、「ワクちん」がある。
1968年3月28日生まれ。静岡県出身。『シコふんじゃった』(91/周防正行監督)で映画デビュー。96年には演劇ユニット プリセタを旗揚げし、自らも演出を手掛ける。
主な出演作に、ドラマ「ストロベリーナイト」(12/CX)、「猿飛三世」(12/NHK-BS)、映画『ドッペルゲンガー』(03/黒沢清監督)、『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』(05/青山真治監督)、『鈴木先生』(13/河合勇人監督)など多数の作品に出演する演技派俳優。
1949年11月18日生まれ。静岡県出身。
早稲田大学在学中より演劇活動に励み、俳優小劇場養成所を経て、大竹まこと、きたろうとコントグループ「シティボーイズ」を結成。不条理哲学文学・社会問題等をスピード感のあるギャグで繰り広げる新感覚の笑いのスタンスを確立した。主な出演作に映画『山形スクリーム』(09/竹中直人監督)、『ぱいかじ南海作戦』(12/細川徹監督)、公開待機作に『鈴木先生』(13/河合勇人監督)がある。
1932年10月23日生まれ。東京都出身。
『ひめゆりの塔』(53/今井正監督)で映画デビュー。第9回ブルーリボン賞助演女優賞を受賞した『果てしなき欲望』(58/今村昌平監督)など、多くの日活作品に出演。82年から28年間通算600回以上に渡り、一人芝居「化粧」を上演。97年に紫綬褒章、2004年には旭日小綬章を受章。映画出演は100本以上。近年の出演作に『ウルトラミラクルラブストーリー』(09/横浜聡子監督)、『しあわせのパン』(12/三島有紀子監督)などがある。

1962年8月19日生まれ。神奈川県出身。
雑誌「FINE」「メンズノンノ」の専属モデルを経て89年テレビドラマ「ハートに火をつけて!」(CX)で役者デビュー。端正なルックスと確かな演技力で人気を博し、ドラマ「はみだし刑事」シリーズなどの数多くのTVドラマ、映画に出演。近年の出演作に「主に泣いてます」(12/CX)、「科捜研の女」(11/EX)、映画『まぼろしの邪馬台国』(08/堤幸彦監督)、『砂時計』(08/佐藤信介監督)、『沈まぬ太陽』(09/若松節朗監督)、『ランウェイ☆ビート』(11/大谷健太郎監督)などがある。

 監督:瀬木直貴 プロフィール
映画監督 瀬木直貴
1963年、三重県出身。立命館大学を卒業後、プロダクション勤務を経てフリーへ。
2000年、映画製作会社ソウルボートプロダクションを設立。
映画監督/エッセイ・コラムの執筆/環境・人権に関する講演活動、各地のまちづくりアドバイザーも務め、活躍の場は多岐にわたる。
自然や地域コミュニティーをモチーフにした作品に定評がある。
【映画作品】
『Good
Luck~恋結びの里~』(2012)
2012年春三重県先行ロードショー、秋以降全国順次公開
(出演:山本正成・足立梨花・鈴木砂羽・松永博史・鈴木一真ほか)『ラーメン侍』(2011)
全国ロードショー中
(出演:渡辺大 山口紗弥加、高木古都、宮野薫、中村有志、甲本雅裕、高杢禎彦、鮎川誠、春田純一、淡路恵子、西村雅彦、津川雅彦ほか)『春色のスープ』(2008)第20回全国生涯学習フェスティバル記念事業
平成21年度児童福祉文化賞推薦作品・厚生労働省特別推薦・全国PTA連絡協議会推薦
(出演:佐津川愛美・鈴木砂羽・栩原
楽人・美保純・池内万作・国広富之・鶴見辰吾ほか)『KIZUKI』(2008)
第19回日本映画批評家大賞
国際活動賞(田山力哉賞)
北海道洞爺湖サミット記念上映作品・日本ペンクラブ推薦
インドCMS VATABARAN 2009(野生生物と環境のための映画祭)コンペ部門ノミネート作品
(出演:中村大地・中嶋朋子・鶴見辰吾・峰岸徹・遠藤久美子ほか)『Watch
with
Me ?卒業写真?』(2007)
週刊ぴあ 2007年6月度 観客満足度2位(邦画1位)
(出演:津田寛治・羽田美智子・中野大地・高木古都ほか)

『千年火』(2004)
ベルリン国際映画祭55thキンダーフィルム部門 正式出品
東京国際映画祭Riff2004 正式出品
韓国高揚ゴ国際チルドレン映画祭 正式出品
第11回 京都キンダーフィルムフェスティバル グランプリ受賞
第20回 イラン・イスファハン国際映画祭 正式出品
テルアビブ国際チルドレン映画祭 正式出品
ワシントンナショナルミュージアム青少年映画祭 正式出品
小田原映画祭正式出品
各映画祭招待作品
(出演:村田将平・丹波哲郎・吉行和子・鶴見辰吾・渡辺貞夫ほか)

『LOVE
ASIA 花びらの舞う海へ』(2004)
(出演:西島秀俊・板谷由夏・小松政夫・ヒムダムシッほか)

『いずれの森か青き海』(2003)
(出演:西村美紅・高野八誠・渡辺哲・早坂好恵・小宮孝泰・内山信二ほか)

『坂の上のマリア』(2001)

『お?い!』(1997)監督  文部省特選

『菜の花』(1996)監督
文化庁優秀映画作品・文部省教育映画祭優秀作品
・文部省推薦
ジャーナリストが選ぶ1996年日本ベスト5(非商業映画部門)

その他、テレビ番組、ミュージックプロモーション、展示用映像、教育映画、
CM、企業PRビデオなど多数。

 音楽:磯貝サイモン プロフィール
ギター、ピアノ、ベース、ドラム、なんでも弾きこなし歌う、シンガーソングライター。
サイモンは本名。サイモン&ガーファンクルの大ファンの父親が命名。神奈川県出身。
2006年メジャーデビュー。アルペンCMソングのデビュー曲「君はゆける」は全国30局でヘビーローテーションされる。

2011年、アルバム「ハートマーク」リリース。
また、KARA「ウィンターマジック」、Kylee「CRAZY FOR
YOU」をはじめ、嵐、ナオト・インティライミなどへ楽曲提供も行う。JUN SKY
WALKER(S)、椎名慶治(ex.SURFACE)、ゆず、植村花菜などへの作品やステージに、アレンジャーやプレイヤーとして参加。マルチに音楽活動の幅を広げている。今回、自身初となる映画音楽を担当。

 スタッフ
プロデューサー:上嶋常夫

ラインプロデューサー:谷尚明

キャスティング:太田勝己

脚本:桂いちほ

撮影:水谷奨

照明:南所登

録音:渡辺丈彦

編集:日見田健

助監督:高明

ポスターデザイン:塚本健斗